遺伝子検査とDNA鑑定の違いをわかりやすく解説

PR

遺伝子検査とDNA鑑定の違いをわかりやすく解説


遺伝子検査とDNA鑑定は、どちらもDNAを解析する検査ですが、目的や方法が異なります。
遺伝子検査は、体質や病気のリスクなどを知ることができますが、検査結果が必ずしも正確でないこともあります。
DNA鑑定は、個人の識別や血縁関係の確認などを行いますが、検査結果が本人の期待と異なる場合があることもあります。


この記事では、遺伝子検査とDNA鑑定の違いやメリット・デメリットについて、わかりやすく解説します。

遺伝子検査(Genetic Testing)とは

遺伝子検査について


遺伝子検査とは、DNAの遺伝情報のある部分である遺伝子を調べる検査です。
遺伝子は、体の特徴や機能を決めるための情報を持っています。
遺伝子検査では、遺伝子の塩基配列を読み取り、その情報を解析することで、生まれつきの体質や病気の原因、リスクなどを知ることができます。

遺伝子検査の種類

  • 出生前診断:妊娠中の母親の血液から胎児のDNAを調べ、染色体異常や先天性疾患の有無を判定する検査
  • 新型コロナウイルス検査:鼻や喉の粘膜から採取した検体から、新型コロナウイルスの遺伝子を検出する検査
  • がん遺伝子検査:がん細胞のDNAを調べ、がんの種類や進行度、治療法の選択などを判断する検査
  • 健康診断:自分の遺伝子を調べ、病気のリスクや体質、才能などを知る検査

遺伝子検査のメリット・デメリット


遺伝子検査のメリットは、自分の遺伝情報を知ることで、健康管理や生活習慣の改善、病気の早期発見や予防などに役立てることができることです。
また、自分の体質や能力を把握することで、自分に合った職業や趣味、スポーツなどを選ぶことができることもメリットです。


遺伝子検査のデメリットは、検査結果が必ずしも正確であるとは限らないことです。
遺伝子には未解明の部分も多く、検査会社や検査方法によって結果が異なる場合もあります。
また、病気のリスクについては、遺伝的な要因だけでなく、環境的な要因も大きく影響します。
検査結果だけで病気にかかるかどうかを判断することはできません。遺伝子検査はあくまで参考程度にとどめるべきです。

遺伝子検査の応用分野


医療分野では、遺伝的な疾患のリスク評価や治療法の個別化に利用されます。
健康促進やライフスタイルの適応、親子関係の確認、民族性や祖先の解明など、広範な用途があります。

DNA鑑定(DNA Profiling or DNA Fingerprinting)とは

DNA鑑定の目的と範囲


DNA鑑定は、DNAの遺伝情報を持たない部分を調べる検査です。DNAの遺伝情報を持たない部分は、個人によって微妙に異なる塩基配列のパターンを持っています。
DNA鑑定では、このパターンを比較することで、個人の識別や血縁関係の確認などを行います。

DNA鑑定の種類

  • 親子鑑定:子供と親のDNAを比較することで、生物学的な親子関係の有無を判定する検査
  • 犯罪捜査:犯行現場に残された血液や毛髪などから抽出したDNAを、容疑者や被害者のDNAと比較することで、犯人の特定や事件の解決に役立てる検査
  • 遺体鑑定:白骨化や焼死などで個人特定が困難な遺体から抽出したDNAを、家族や親族のDNAと比較することで、身元の確認を行う検査
  • 性別鑑定:DNAの染色体の型を調べることで、性別を判定する検査

DNA鑑定のメリット・デメリット


DNA鑑定のメリットは、個人の識別や血縁関係の確認において、ほぼ100%に近い確率で正確な結果が得られることです。
DNA鑑定によって、生死や状態に関わらず、個人を特定することができ、法的な手続きや事件解決のための重要な証拠になることもあります。


DNA鑑定のデメリットは、検査結果が本人の期待や希望と異なる場合があることです。
DNA鑑定は、純粋にDNAの一致・不一致で判定されるため、親子関係や犯罪関与などについて、受け入れがたい事実が明らかになる可能性があります。
DNA鑑定を受ける際には、その覚悟を持っておく必要があります。

DNA鑑定の応用分野


犯罪学での利用が一般的で、犯罪現場の証拠としてDNAサンプルを比較し、被疑者の特定や無実の立証に使用されます。
親子関係の確認や身元特定、災害の際の身元の追跡などでも使用されます

まとめ


遺伝子検査とDNA鑑定は、DNAを解析する検査ですが、目的や方法が異なるということでしたね。

簡潔に言うと、
遺伝子検査は、体質や病気のリスクなどを知ることができる検査。
DNA鑑定は、個人の識別や血縁関係の確認などをするための検査。
となります。

また、遺伝子検査とDNA鑑定には、それぞれメリットとデメリットがあります。自分の目的やニーズに合わせて、適切な検査を選ぶことが大切です。

最後に両者の違いがわかりやすいよう表にまとめてみました。

項目遺伝子検査DNA鑑定
調べるDNAの部分遺伝情報のある遺伝子遺伝情報のないDNA
目的体質や病気のリスクなどを知る個人の識別や血縁関係の確認などを行う
方法遺伝子の塩基配列を読み取り、その情報を解析するDNAの塩基配列のパターンを比較する
種類出生前診断
新型コロナウイルス検査
がん遺伝子検査
健康診断など
親子鑑定
犯罪捜査
遺体鑑定
性別鑑定など


この記事では、遺伝子検査とDNA鑑定の違いやメリット・デメリットについて、わかりやすく解説しました。遺伝子検査とDNA鑑定の違いについて知りたかった方は、ぜひ参考にしてください。

また、しむおすすめの遺伝子検査『chat GENE(チャットジーン)』について下の記事で詳しく紹介していますので遺伝子検査にご興味ある方はぜひ読んでみてくださいね。